打点による影響

はじめまして

皆さんこんにちは!

キウイコーチの嫁です。レッスンでお会いしたことがある方も多くいらっしゃると思いますが、実はわたし自身も以前ゴルフのインストラクターをしていました。この度キウイコーチのオンラインサロンのメンバー向けにゴルフに関する記事を書いていくことになりました。よろしくお願いします!

さて、今回は初回として【打点による飛球への影響】をお話ししていこうと思います。

以前他のサイトで書いたものを書き直したものになります。

 

 

最近のクラブ設計について

最近のクラブはテクノロジーの進化により昔に比べ慣性モーメントが高く、重心の高さや深さ、重心角などが昔のものより進化しているため、より易しくより遠くまで飛ばせるクラブ設計になりました。

一昔前は慣性モーメントが大きいクラブはボール初速があまり出ないため飛距離が伸びませんでした。一方で、重心の位置がより最適な位置にあるドライバーは飛距離こそ出ましたが、慣性モーメントは低いものでした。

なので当時は、方向性を取るか飛距離を取るかの2択のモデルしかなかったんですね。(私自身まだゴルフなんて始めていない頃の話なので聞いた話なんですけど笑)

さて、ここからは打点が飛球にどんな影響を及ぼすのか見ていきましょう!

 

アイアンの場合

上の画像は5番アイアン(27°)の場合の打点によるディスタンスロスの一例です。

打点がセンターから1/2インチ(およそ1.2cm)ずれると飛距離が5%落ちると言われています。だいたい170y飛ぶ場合は、8〜9yのロスになり161〜162yのトータルディスタンスになります。

また、打点がセンターから1インチ(およそ2.4cm)ずれると飛距離が10%落ちると言われており、170y飛ぶ場合は、17yのロスで153yのトータルディスタンスになります。

 

長いアイアンほどオフセンターヒットによるディスタンスロスは大きく、短いアイアンはそれほど影響がありません。

これはクラブによってコンプレッションが違うため影響がでないんですね。上の例は5番アイアンですので、5番アイアンより長いアイアンの場合はさらに飛距離に影響が出ますし、短いアイアンはそこまで影響はでません。

もちろん打点の他にも、ダイナミックロフトや慣性モーメントもアイアンのディスタンスロスに大きく関わると言われていますが、打点がズレるとその影響でクラブヘッドが開いたり閉じたりしてしまうので、オフセンターヒットは飛距離だけでなく方向性にも大きく影響してしまいます

 

例えば皆さんにもっと身近な話で言うと、ヒールヒットでクラブヘッドがツイストしてしまったとき、アマチュアゴルファーの多くは自分がヘッドをこねて返してしまったんだとよく錯覚してしまいます。

ですが、実際は単に打点による影響でクラブが閉じてしまっただけの可能性が非常に高いです。手に残る癇癪は自分がクラブフェイスを返した感覚と似ているので要注意ですよね。

それなのに、そこで次はクラブフェイスを開くように打ってみよう!などと調整してしまうと、次のショットでせっかく打点が真ん中に戻ったとしても今度は右にすっぽ抜けたりしてしまうので気をつけてください。

打球が曲がってしまったときは短絡的に結論づけず、まずは打点の確認をしてみることがとても大切です!

 

ドライバーの場合

上の画像はドライバー(10°)の場合の打点によるディスタンスロスの一例です。

例えばこの10度のドライバーで通常250y打つとします。

打点がセンターから2インチ(およそ2.4cm)ずれると飛距離が14%落ちてしまい【35yロス】してしまうことになるので、215yしかキャリーで飛ばなかったということになってしまいます。

打点が左右にブレるだけでこんなにも飛距離が落ちちゃうなんてマジで血涙が出ますね!アマチュアがよく言う「軽く振った方がよく飛ぶ〜」という現象の1つの理由は、軽く振った方が打点が安定し易いので結局飛距離が出るということなのではないでしょうか?

安定した打点の位置を確保することがいかに重要か分かりますね〜。

 

 

打点の高さによるロフトの違い

これは皆さんご存知だと思うのですが、一応おさらいしておきましょう!

ドライバーのクラブフェイスには製造段階でロールというエフェクトが施されているので、フェイス面は平坦ではなく僅かに湾曲しています。そのため画像のように打点の高さによりロフト角が多少変わります。

打点により2〜3°変化するのが一般的だそうですが、この変化はデカイですよね!

スペック表示のロフト角は真ん中くらいの数値で表示しているとこが多いのかな〜と思いますが、製品によっても基準が違うかもしれませんので気になる人は一度お店でリアルロフトを測ってもらってみてくださいね〜

 

 

打点による打ち出し角の違い

先ほども述べたように打点の高さでロフト角も変わりますが、打点の違いによる飛球への影響は様々です。

(ここから参考に使用している資料は、昔アメリカで師匠からもらった物なので、いつ頃のものでどのメーカーから出たものなのかは定かではありません。参考程度に見てくださいね〜)

上の画像を見るとフェイスの真ん中から上でミートできれば打ち出し角はこのくらい増えますよ〜ということが分かります。数字は度数です。

下部でヒットするとだいぶ低くなるようですね〜。一般的なアマチュアならローヒールの【-4°】は泣くレベルですね。笑

自分でドライバーの打ち出し角が理想と違うって人はスイングだけでなく打点も見直してみましょうね。

 

 

打点による回転数の違い

ほとんどのゴルファーの場合、スピン量は比較的少ない方が飛距離が出ると言われています。

回転数で考えるとクラブヘッド上部のややトウ寄りがベスポジだと分かりますね。

最近の超絶ロースピンモデルのクラブだとクラブの当て方によっては球が上がらずドロップしてしまう可能性もありますのでご注意ください〜。

と は い え !
あなたのクラブスヘッドピードが遅い場合、飛距離を出すためにはある程度のスピン量が必要になりますのでそれもご注意ください〜。(数字はRPMです。)

 

 

打点によるボール初速の違い

ご覧の通り、フェイス下部でのヒットは初速が結構落ちるんですね〜。


フェイスの上部だとそこまで減りません。

スピン量が減り、打ち出し角が増えることを考えればやはりフェイス上部がベスポジなことがわかりますね。

画像の数値はm/hですのでm/sに換算して見てくださいね〜てか今思えばわたしが画像作るときにやれば良かったね〜すまんです笑(1m/h = 0.4m/s)

 

日本はミート率信者が大変多いように感じますが、ミート率とはヘッドスピードの割にボール初速がどれくらいでてるのか?を表す数字でボールへのエネルギートランスファーの効率を数値化したものなんですね。

なのでミート率が低いということは、打点や当て方が悪いということなんです。

キウイコーチのレッスンで「自分ミート率が悪いんです」て言ってらたぶん説教されます。笑

それは初速が出ないから飛距離がでないという悩みなのか、打点が悪いということなのか、何なのかはっきりせえと言われます。笑

お見知り置きを。

 

おわりに

今回は初投稿でしたが、皆さんの予備知識として、こういうことを知ってるとゴルフをもっと楽しめるじゃないかな?と思いまして打点の特集をしてみました。

次回クラブを購入される際は是非お店の方とこんな会話もしながらクラブを購入されてみてはいかがでしょうか?きっといつもより何倍も楽しい経験になるはずです。

またより易しくゴルフをプレーしたいのであれば、安定した打点の確保がとても大事だと分かったと思います。

自分のPlayabilityを向上させたいのであれば、闇雲にスイング改造に取り組むのではなく1度冷静になって、自分の現在のレベルでは何が1番必要なのか考えて見ましょう!

またレッスンでスイングを整える目的は、一貫して安定したコンタクトを手に入れるためというのが大前提にあると思います。見た目を美しくすることが目的ではないんですよ。

てな感じで〜
少しでもゴルフを楽しんでいただければ嬉しいです!

More Articles

KiwiMSG Method

ボールポジションは大事ですか?

You will find the original english article below.       「ボールポジションは大事?」   皆さんこんにちは、 前回の記事では、飛球のカーブ(曲率)に影響のあるバックスイングの動きについてお話ししました。 今回の記事では、飛球のカーブ(曲率)に影響する可能性のあるセットアップのポジションについていくつかお話しします。 以下が今回のトーキングポイントです。     ⑴軌道に影響を及ぼすボール位置 ⑵体の向き     ■⑴軌道に影響を及ぼすボール位置 おそらくこれを断言するのはわたしが最初の人間になるかもしれませんが、ボール位置はクラブ’軌道と100%の相互関係にありません。ですが、強い相互関係にあると言えます。

曲がりのコントロールを妨げる動きとは?

You will find the original english article below.   「曲がりのコントロールを妨げる動きとは?」   皆さん前回の記事はお楽しみいただけましたか?これから私がどのようにKiwiMSG理論について、ご紹介していくか少しご理解していただけたなら幸いです。この記事ではボールの曲がり幅に影響を及ばすスイングの動きやポジションについてお話ししていきます。メインポイントは以下の2点です。 ⑴流行りのハイハンドル ⑵ROC(Rate of Closure)について     ⑴流行りのハイハンドル このお話を始めるにあたり、まず皆さんに過去の記事で学んだ曲がり具合の関係式について思い出していただきたいと思います。【インパクトの軌道に対するフェイス向き=曲がり幅】でしたよね?もし、おさらいしたい方がいるようでしたら、こちらから、過去記事に戻れますのでいってらっしゃいませ。さて、残った皆さんでハイハンドルについて話していきましょう。 ハイハンドルとはシンプルにインパクトの瞬間の手元の高さ/シャフトの高さのことをいいます。もし今クラブがお近くにあるようでしたら、是非この記事を読みながらお手元にお持ちください。まず、インパクトの姿勢から、クラブヘッドのヒールだけを大胆に地面から離してみましょう。もし私が言ったように正しくできているなら、これがハイハンドルです。まあ、大袈裟な例ではありますが。さてこれがどのように打球の曲がり幅に関係してくるのでしょうか? では次に、皆さん、ティーをお手持ちのクラブのフェイスのスイートスポットと呼ばれる【芯】の部分にテープで貼り付けていただけますか?(ボールの受け皿の方をフェイス面に貼り付けてください。)そして、先ほどのクラブヘッドのヒール側を地面から持ち上げたインパクトポジションを作ってみてください。さて、フェイス上のティーはどこを指しているでしょうか?右打ちのゴルファーの場合、いつものインパクトポジションよりハイハンドルのインパクトの方が、クラブフェイスが右に向くのが分かると思います。なぜこれが重要だと思いますか? インパクトのクラブ軌道とフェイスの向きが【曲がり】の原因だということは、クラブフェイスの向きを変えてしまう動きは、どんな動きであっても打球の【曲がり】を操作することに関係してくるんです。でも、クラブフェイスを操作すること自体は悪いことではないと言っておきましょう。ただフェイス向きの操作にもたくさんの種類があります。私は、先ほど述べたように手元を高く上げることは最も再現性の低い方法の1つだと思っています。 なぜハイハンドルがクラブフェイスを操作する上で最善の方法ではないかという理由については、現在作成中のウェビナーや他の学習コースの方で詳しく紹介したいと思っています。ですが、実際この動きがどのように飛球に影響を及ぼすのか例をあげたいと思います。例えば、スライスで考えてみましょう。ゴルファーAはどのクラブを使っても安定してスライスを打ってしまいます。さて、これはインパクトのフェイス向きが軌道に対して右を向いているからと分かりますね。(XYグラフを思い出してください) もし、ゴルファーAの唯一の目標がスライスを無くすことだった場合、ただクラブフェイスの向きを操作して軌道より左に向ければいいだけです。そのためには、まず私たちはスイングメカニクスやポジションでクラブフェイスを開いてしまう部分を探さなければなりません。では、このゴルファーAがハイハンドルだとしましょう。先ほど、ハイハンドルはフェイス向きが右を向くんだとお話ししましたよね、そしてAは現在スライスを打っている…つまりハイハンドルの修正をターゲットにし、インパクトでクラブフェイスの向きを軌道に対しより左へ向けることは理にかなっていると私は思います。最終的にAのスライスを改善することができます。