バックスイングの手首の角度〜アマの悪夢〜

 

こちらは現在翻訳中です

this article is still in the process of translation. Please wait until the end of process. Thank you.

 

*You will find the original english article below.

 

「バックスイングの手首の角度〜アマチュアの悪夢〜」

皆さんこんにちは、

前回の記事では飛球のカーブ(曲率)に影響を与える、ダウンスイングの動きやポジションについてお話ししました。

今回は、飛球のカールに影響を与えるバックスイングの動きやポジションについてお話ししていこうと思っています。この記事の主な内容は以下の通りです。

 


 

⑴背屈/回内-テイクバック

⑵掌屈/回外-テイクバック

 


 

⑴背屈/回内-テイクバック

飛球のカーブとテイクバックについて話していきます。多くのバックスイングのポジションが飛球のカーブに影響を及ぼすとは思いません。しかしながら、殆どの読者の皆さんにとって、テイクバックは取り組み始めるのに素晴らしい箇所だと思います。まずここで背屈や回内ってなんだろうって思っている人いると思います。

背屈(Extension)とは、手首をカッピングポジションにすることです。もっと簡単に言うと、腕立て伏せをするときの手首の状態のことです。この手首の角度を背屈といいます。

今、ゴルフクラブを手に持ってこの「背屈」をおこなうと、ゴルフクラブのフェイスの向きは右を向くので、フェイスが開くのがわかると思います。(右打ちゴルファーの場合)またロフトも寝る(増える)のがわかると思います。これは弾道の高さにも関係してくると覚えといてください。ここで大事なのは、フェイス向きを操って変える動きはどんな動きでも、飛球のカーブに関係してくるとおうことです。

では、このフェイス向きを操作する動きがバックスイングで起こったとしても、私たちはダウンスイングでうまくインパクトまでに帳尻合わせをすることができます。ですが!もうこの記事を読んでいる皆さんには理解していてほしいことなのですが、そういった帳尻合わせの動きが少なければ少ないほど、スイングの安定性や再現性は高くなります。

では回内(Pronation)ってなんでしょうか?回内は、左手首を時計回りに回したとき、それが回内をしているということになります。ゴルフクラブを持ってこの回内をおこなうとクラブフェイスの向きが開くのがわかると思います。(右打ちゴルファーの場合)

では、ここで左手首を背屈しながら回内してテイクバックをおこなってみましょう。フェイス向きがめちゃめちゃオープンに開いているのがわかりますか?ということは、ダウンスイングでかなり大きな力を使って、インパクトでフェイスをスクエアにしなければなりません。

このため、今回の記事でこの動きについて取り上げました。

これはスライサーに共通して見られる最もよくある動きです。

このセクションをまとめると、わたしはこの背屈と回内をする動きは、全てのゴルファーにとってマイナスだとは思いません。しかしながら、これについてはまた違う機会にお話ししたいと思っています。キウイゴルフアカデミーのKiwiMSG理論は様々なシリーズから構成されるのでご期待ください。

*翻訳中です。お待ちください。

 


 

”Backswing Wrist Angles… An Amateur Golfer’s Nightmare”

Hello,

Last article we discussed some downswing motions and positions that affect curvature. This article, we are now moving on to some backswing positions and motions that affect curvature. Below, you will find the main topics to this article.

1. Extension / Pronation Take-Away 

2. Flexion / Supination Take-Away

Extension / Pronation Take-Away

If you haven’t guessed it, we will be focusing solely on the take-away for curvature. Now, that’s not to say that their are many other backswing positions that affect curvature. However, I think for most of you reading this, take away is a great place to start. Now, you’re probably thinking to yourself what the hell is extension or pronation? 

Extension, is when the wrists are in a “Cupped” position. Or, the easier image is when you are doing push ups at the gym. If you look down at the angle your wrist is making this is extension. Now, if we take a golf club and extend our wrists or add extension. We will notice that it opens the face angle (points it right of the target line right handed golfer), but as well it adds loft to the club face (keep this in mind for when we discuss trajectory). Remember, any manipulation to the face angle will result in a change in a potential change in curvature. 

Now, because this manipulation of the face angle is happening in the backswing we still have time to compensate for it on the downswing. However, I hope you understand by now the less compensations the more consistent the golf swing. What about pronation? Well, pronation is when you turn your left wrist clockwise. If you grab a golf club and pronate your left wrist you will notice that the club face will open up (right handed golfer). 

So, imagine now that you are extending your left wrist as well as pronating your left wrist on the take-away section. This would lead to an extremely open face angle which would have to have a massive compensation move to “square” the club face on the downswing. This, is why we brought up this motion in this particular article. It is by far one of the most common take-away motions we see from slicers of the golf ball. 

To wrap this section up, I think it’s fair to note that not all golfer’s will see a negative effect from extension and pronation in the take-away section. However, this discussion will be saved for another series in the future. Again, the KiwiMSG Theory series will be one of many series you can expect from Kiwi Golf Academy. 

Flexion / Supination Take-Away

To start this section off let’s discuss what flexion and supination is first. Simply, flexion is the opposite of extension. So, if you have ever flexed your biceps at the gym you most likely have performed flexion in your wrists. If you take a golf club and now perform the flexion motion you will notice that the loft on the golf club has been reduced. As well, you will notice that the face angle will point more left. 

Next, supination is when your left wrist turns counterclockwise. If you can imagine turning a door knob to the left with your left wrist you will visualize supination. Now, grab a golf club and supinate your left wrist. You will notice that the face angle will point more to the left. Now, just like we discussed with the previous take-away motion this motion will require some major compensations on the downswing to recover. 

Now, to wrap up this section I would also like to state that not all player’s would see negative effects when adding this motion. Again, this will be for another series in the future. However, just realize that for most golfer’s this motion will significantly close the face angle and make it to where the golfer must open the face angle throughout the downswing motion. We see a large percentage of our clients who struggle with a two way miss utilize this motion. It would be absolutely a motion we would discuss in a lesson if we see this. 

Wrap Up 

So, I hope you guys enjoyed this article on the two backswing motions or positions that affect curvature. I hope you are understanding that when it comes to curvature controlling your wrist angles is very important. Like I said, in the future we will have a whole series on how to wrist angles and their affect on the golf club. 

If you found this article valuable, please share it with your friends. We want as many readers as we can reading my blogs! I strongly believe that this series will be incredibly valuable to your ability to change your golf swing. If you have your own blog, please feel free to link to this article as a reference. I’ll see you guys again next article!

Thank you,

-Kiwicoach

More Articles

KiwiMSG Method

打点による影響

はじめまして 皆さんこんにちは! キウイコーチの嫁です。レッスンでお会いしたことがある方も多くいらっしゃると思いますが、実はわたし自身も以前ゴルフのインストラクターをしていました。この度キウイコーチのオンラインサロンのメンバー向けにゴルフに関する記事を書いていくことになりました。よろしくお願いします! さて、今回は初回として【打点による飛球への影響】をお話ししていこうと思います。 以前他のサイトで書いたものを書き直したものになります。     最近のクラブ設計について 最近のクラブはテクノロジーの進化により昔に比べ慣性モーメントが高く、重心の高さや深さ、重心角などが昔のものより進化しているため、より易しくより遠くまで飛ばせるクラブ設計になりました。 一昔前は慣性モーメントが大きいクラブはボール初速があまり出ないため飛距離が伸びませんでした。一方で、重心の位置がより最適な位置にあるドライバーは飛距離こそ出ましたが、慣性モーメントは低いものでした。 なので当時は、方向性を取るか飛距離を取るかの2択のモデルしかなかったんですね。(私自身まだゴルフなんて始めていない頃の話なので聞いた話なんですけど笑) さて、ここからは打点が飛球にどんな影響を及ぼすのか見ていきましょう!   アイアンの場合 上の画像は5番アイアン(27°)の場合の打点によるディスタンスロスの一例です。 打点がセンターから1/2インチ(およそ1.2cm)ずれると飛距離が5%落ちると言われています。だいたい170y飛ぶ場合は、8〜9yのロスになり161〜162yのトータルディスタンスになります。 また、打点がセンターから1インチ(およそ2.4cm)ずれると飛距離が10%落ちると言われており、170y飛ぶ場合は、17yのロスで153yのトータルディスタンスになります。   長いアイアンほどオフセンターヒットによるディスタンスロスは大きく、短いアイアンはそれほど影響がありません。 これはクラブによってコンプレッションが違うため影響がでないんですね。上の例は5番アイアンですので、5番アイアンより長いアイアンの場合はさらに飛距離に影響が出ますし、短いアイアンはそこまで影響はでません。 もちろん打点の他にも、ダイナミックロフトや慣性モーメントもアイアンのディスタンスロスに大きく関わると言われていますが、打点がズレるとその影響でクラブヘッドが開いたり閉じたりしてしまうので、オフセンターヒットは飛距離だけでなく方向性にも大きく影響してしまいます。   例えば皆さんにもっと身近な話で言うと、ヒールヒットでクラブヘッドがツイストしてしまったとき、アマチュアゴルファーの多くは自分がヘッドをこねて返してしまったんだとよく錯覚してしまいます。 ですが、実際は単に打点による影響でクラブが閉じてしまっただけの可能性が非常に高いです。手に残る癇癪は自分がクラブフェイスを返した感覚と似ているので要注意ですよね。 それなのに、そこで次はクラブフェイスを開くように打ってみよう!などと調整してしまうと、次のショットでせっかく打点が真ん中に戻ったとしても今度は右にすっぽ抜けたりしてしまうので気をつけてください。

ボールポジションは大事ですか?

You will find the original english article below.       「ボールポジションは大事?」   皆さんこんにちは、 前回の記事では、飛球のカーブ(曲率)に影響のあるバックスイングの動きについてお話ししました。 今回の記事では、飛球のカーブ(曲率)に影響する可能性のあるセットアップのポジションについていくつかお話しします。 以下が今回のトーキングポイントです。     ⑴軌道に影響を及ぼすボール位置 ⑵体の向き     ■⑴軌道に影響を及ぼすボール位置 おそらくこれを断言するのはわたしが最初の人間になるかもしれませんが、ボール位置はクラブ’軌道と100%の相互関係にありません。ですが、強い相互関係にあると言えます。

曲がりのコントロールを妨げる動きとは?

You will find the original english article below.   「曲がりのコントロールを妨げる動きとは?」   皆さん前回の記事はお楽しみいただけましたか?これから私がどのようにKiwiMSG理論について、ご紹介していくか少しご理解していただけたなら幸いです。この記事ではボールの曲がり幅に影響を及ばすスイングの動きやポジションについてお話ししていきます。メインポイントは以下の2点です。 ⑴流行りのハイハンドル ⑵ROC(Rate of Closure)について     ⑴流行りのハイハンドル このお話を始めるにあたり、まず皆さんに過去の記事で学んだ曲がり具合の関係式について思い出していただきたいと思います。【インパクトの軌道に対するフェイス向き=曲がり幅】でしたよね?もし、おさらいしたい方がいるようでしたら、こちらから、過去記事に戻れますのでいってらっしゃいませ。さて、残った皆さんでハイハンドルについて話していきましょう。 ハイハンドルとはシンプルにインパクトの瞬間の手元の高さ/シャフトの高さのことをいいます。もし今クラブがお近くにあるようでしたら、是非この記事を読みながらお手元にお持ちください。まず、インパクトの姿勢から、クラブヘッドのヒールだけを大胆に地面から離してみましょう。もし私が言ったように正しくできているなら、これがハイハンドルです。まあ、大袈裟な例ではありますが。さてこれがどのように打球の曲がり幅に関係してくるのでしょうか? では次に、皆さん、ティーをお手持ちのクラブのフェイスのスイートスポットと呼ばれる【芯】の部分にテープで貼り付けていただけますか?(ボールの受け皿の方をフェイス面に貼り付けてください。)そして、先ほどのクラブヘッドのヒール側を地面から持ち上げたインパクトポジションを作ってみてください。さて、フェイス上のティーはどこを指しているでしょうか?右打ちのゴルファーの場合、いつものインパクトポジションよりハイハンドルのインパクトの方が、クラブフェイスが右に向くのが分かると思います。なぜこれが重要だと思いますか? インパクトのクラブ軌道とフェイスの向きが【曲がり】の原因だということは、クラブフェイスの向きを変えてしまう動きは、どんな動きであっても打球の【曲がり】を操作することに関係してくるんです。でも、クラブフェイスを操作すること自体は悪いことではないと言っておきましょう。ただフェイス向きの操作にもたくさんの種類があります。私は、先ほど述べたように手元を高く上げることは最も再現性の低い方法の1つだと思っています。 なぜハイハンドルがクラブフェイスを操作する上で最善の方法ではないかという理由については、現在作成中のウェビナーや他の学習コースの方で詳しく紹介したいと思っています。ですが、実際この動きがどのように飛球に影響を及ぼすのか例をあげたいと思います。例えば、スライスで考えてみましょう。ゴルファーAはどのクラブを使っても安定してスライスを打ってしまいます。さて、これはインパクトのフェイス向きが軌道に対して右を向いているからと分かりますね。(XYグラフを思い出してください) もし、ゴルファーAの唯一の目標がスライスを無くすことだった場合、ただクラブフェイスの向きを操作して軌道より左に向ければいいだけです。そのためには、まず私たちはスイングメカニクスやポジションでクラブフェイスを開いてしまう部分を探さなければなりません。では、このゴルファーAがハイハンドルだとしましょう。先ほど、ハイハンドルはフェイス向きが右を向くんだとお話ししましたよね、そしてAは現在スライスを打っている…つまりハイハンドルの修正をターゲットにし、インパクトでクラブフェイスの向きを軌道に対しより左へ向けることは理にかなっていると私は思います。最終的にAのスライスを改善することができます。